カテゴリー別アーカイブ: アフィリエイト

アフィリエイト業界における塾ビジネスの形が変わってきた

アフィリエイトをけっこう長くちんたらやっているのですが
ここ数年アフィリエイトにおける、アフィリエイト塾のあり方が変わってきたように思う

以前はアフィリエイト塾ビジネスというのは
アフィリエイトをしてみたいという人
または、アフィリエイトでの売上をもっと上げたい人などが
ノウハウ、要は儲かる方法を教えてもらう場所という位置づけだったと思います。

今もそういう部分はあるのですが
アフィリエイトをするアフィリエイターという人がそれほど増えないのに
アフィリエイト塾というのは、増えてきたように思います

ASPの集客の目玉が塾になってきている

ASPといのは、アフィリエイト サービス プロバイダーの略なのですが
ASPは広告を出したい広告主さんと、広告主さんのサービスや商品の販売ページにお客さんを送り込むのが、アフィリエイターというわけです

広告主、さんは売れた分に対するパーセンテージの金額をASPさん通して
アフィリエイターに支払うということになります
それがASPなのですが

ASPとしても優秀なアフィリエイターを確保しないと、いくら広告を出してくれる広告主がいても
優秀なアフィリエイターを数多くかかえていないと、売上つくれませんから
ASPとしての売上も発生しません

そこで今
ASPはアフィリエイト塾と提携して、アフィリエイト塾の塾に入ってきた人たちを
ガバッと取り込んでASPの売上を上げようとしているわけです

アフィリエイト塾へのメリットは?

アフィリエイト塾に入ってきたアフィリエイト塾のお客さんですね
これを特定のASPに送り込むことが塾のメリットがあるのか?というと
あるんですね

ツーティアというのですが
アフィリエイト塾を通してASPと契約した生徒さんの報酬の数%がアフィリエイト塾に入るようになっているんですね

アフィリエイト塾が、ASPの代理店になっていると思えばいいと思います

こういう塾にとっては不労所得が入ってくるのと
アフィリエイトを始めようとする人たちが少なくなっているような気もするのですが
純粋なノウハウ提供だけだと、塾ビジネスが成り立たない状態になっているので
ASPからのツーティアから収入を継続的に得ようとしてきているような気がします

アフィリエイト塾は、以前はかなり高額だったのですが
今は、このツーティア収入があるので
塾の費用がほとんど無料の塾などあり
優秀なアフィリエイターは無料というところも
いくつもあるようです

塾の形式が変わってきた

以前はオールラウンドなアフィリエイト塾というのが多かったのですが
最近は
特化した

これは今稼げるこんな方法がある的な
塾のビジネスもあります

一つの方法、今は稼げる方法を提供する塾
というのが次から次へと立ち上がっていて
その手法が通用しないと、次にみたいな形があるようにあります

こういう一発屋の塾とは別に
従来からあるアフィリエイト塾みたいなものは
低価格化であったり
よりASPと取り組みを強化していくみたいなことは
当然起きてきますし

もっといい条件を出すような新規のASPも立ち上がってきて
そういうちょっと危ないASPとも提携していく塾も出てくると思います

どちらにしろ
アフィリエイトを今から始めようとするときに
いいアフィリエイト塾に入って基本を教えてもらうのはいい方法だと思います

ここはいい塾だと思う塾もいくつかありますから
そういう塾には高額な費用を払ってもペイすると思います

日比野 菜緒がかなり期待できると思う、あまり大した経歴じゃないんだけどWTA優勝してる


日比野 菜緒VSシャラポワの全豪オープンを見ている

日比野 菜緒のプレーは初めてみたんだけど
2015年の全日本テニスで優勝出来てないし。。。
同期で有名なのは穂積絵里だったりして
ぜんぜん大した戦績ないんですよ

でも
2015年にWTAで優勝している
すごい

今シャラポワに負けてしまったけど
でも
シャラポワに全然威圧されずに
自分のテニスをしようとしている

なんか
シャラポワというゲームのボスに立ち向かう感じがして
こういう気迫で取り組めるってのが凄いと思ったしだいです

初めての4大大会の初戦が、シャラポワってのも
かなり持っている選手だと思うし

初めての4大大会、シャラポワ
かなりいいテニスをだしかけたと思う

現在57位くらいで、このプレーなら
全仏間違いないだろうし
オリンピックが50位以内なら確定なので
いけそう

竹内映二コーチの秘蔵っ子

日比野 菜緒を高校卒業から指導しているのが竹内映二コーチ
伊達公子の初期を育たてのも彼

デビスカップの監督もしていた

その彼がコーチしている日比野 菜緒
でもねえ
かなりいい選手!

錦織圭も楽しみだけど
この日比野 菜緒
錦織圭に負けず劣らず楽しみな選手だ

サーブがもう少しよくなったら
今でもいいけど、トップには行けないと思うサーブ
これがよくなったら
WTA20位とかって十分行けると思える
久しぶりに楽しみな選手だ

これから応援するよ

日産新型セレナに半自動運転が搭載されるらしい

矢沢永吉が自動運転の日産リーフに乗って、やっちゃえ日産って言っているCMが頻繁に流れている。

まだ自動運転の車は発売されていないが、このCMは日産がもうすぐ自動運転の車を売りだすよ!
というCMで、日産が自動運転の最先端を行っているだよというアピールでもあると思う

その日産から2016年フルモデルチェンジするセレナに半自動運転が乗るという

現状の自動運転らしいものは
スバルのアイサイトが始まりかな?
VWやアウディにもクルーズコントロール+自動ブレーキ+センターラインオーバー対策などが施された
半自動運転の装置が取り込まれている

それを超えた自動運転になるのかどうかはまだ不明だけれど
今の矢沢永吉のCMを見ていると、かなり完成されたものになるのではないだろうか?

完全自動運転になると

完全な自動運転として今いわれているのは、日産のCMにあるように
完全に手を離して、勝手に車が目的地に連れて行ってくれるもので

運転者が車に乗ったら
ナビを行き先にセットして、スタートボタンを押す
それだけで、目的地に連れて行ってくれて
駐車場でも空きスペースを見つけてくれて、ちゃんと駐車してくれるというもの

現状の半自動運転は
衝突防止とかVWとかは前の車をある程度の距離を保って追従する
渋滞になると、前の車に近づくと止まる
レーンから逸脱すると戻してくれる

というものだから
これよりもかなり進んだものが最終的な自動運転になる

国の政策もエコから自動運転に

日本は車にエコの補助金を出して、簡単にいうと自動車業界を後押ししている?わけだけど
これからは、国は自動運転に補助をだしていくようになると思う

これは自動車業界はエコも追求するけど、もっと新しい自動運転を前に出してくる
じゃないと新しいもの売れないから

そうなると車業界団体から政治献金で国は動くってことになるのかなあ?

これから高齢化社会になるし
田舎で車で移動しないといけない場所は日本にはたくさんあるから
スーパーに買物にいくときに
ナビに登録してあるスーパーのボタンを押すと
全自動でスーパーの駐車場に着いているっていう時代になるでしょうね

実際そういうタクシーももうすぐ走り始めるっていう実験もあるみたいだから
この流れはもう止まらないでしょう

自動車保険も自動ブレーキ割引

今日のニュースに載っていたのですが
自動車保険に自動ブレーキの割引がはいるらしいです
以前からあるエアバック割引とか、ゴールド免許割引みたいなもので

なんでも
レガシィのアイサイト搭載の車と、アイサイト非搭載の車では
60%位アイサイト搭載の車のほうが、事故率が低いことがわかったそうで

え!そんなに違うんだ
とかなりびっくりするデーターですが
追突事故に関しては80%違うというデータ

これを聞いちゃったら
やっぱり、完全な自動運転でなくても、自動ブレーキって必要だなあって思うから
これからは、間違いなく自動運転の時代で
運転の楽しみというものも、これからはなくなっていくのかもしれないですね。

原油が$29まで下がっているのに、税金の二重課税のせいで、ガソリン価格に大きな恩恵がみられない

原油価格が$29ドルまで下がったらしい
2014年の6月前後には$110だったんだから

$29の価格がすぐに反映されるわけじゃなくても
ガソリン価格は単純に半値になってもおかしくないと思うのは私だけでしょうか

2014年のガソリン価格がいくらだったのかは覚えてないのですが
140円とかじゃないかなあ?

今うちの当たりで
1リットル114円くらいだから、2割くらいしか下がってない

製造原価の問題があるとしても
100円は切っていいと思うが
そういや
ガソリンにはやたらと多くの税金がかかっている

調べてみると
ガソリン税(本則税率)
ガソリン税(暫定税率)
石油税
消費税

と4つの税金がかかっているらしい

消費税は
ガソリン税+石油税に対しても消費税がかけられているという
二重課税

ガソリンの本体価格は
おおざっぱにみて
ガソリン価格の半分

今114円くらいだから、57円は税金57円がガソリンの価格となる

昔は車は贅沢品だったかもしれない
都会で電車やバスでどこでもいけるところは、贅沢品かもしれないけど
田舎に住んでいる人たちにとて、私もそうだけど
実用品なんですよ

しかも
消費税を8%に値上げした時に
どさくさに紛れて、暫定税率かなんかいれなかったっけ?

それといっしょに
高速道路のETCの平日割引もなくなり
休日割引はいままでの平日割引の価格になり
それもどさくさ

ETCを始めるにあたって
割引になりますっていって割引しなかったっけ?
って思うけど

勝手に決められることだからしかたない。。。

私たちにできることは
海外に移るのか?それとも
税金がたくさんかかっても、それ以上の稼ぎがあるようにするか
どっちかだよね

消費税も上がるかもしれないし

個人でもなんらかの防衛というのを
積極的に考えていかなければいけない時代なのだと思う

全豪オープン2016 組み合わせ、錦織圭は第7シードで登場

日本時間20160118から始まる全豪オープン
ドロー(組み合わせ)が発表されていました

wowowのサイト
http://cdn.wowow.co.jp/sports/tennis/australia2016/tournament_single_men.html

日本の錦織圭は題7シードで登場
順調にいけば、準々決勝でジョコビッチです
これは厳しい。。。。

その前の8決めでツォンガ
これも厳しい

もちろん1回戦から楽な試合はないでしょうが
でも優勝を目指すのが錦織圭ですから
ツォンガもジョコビッチもなく
勝ち続けるしかありませんね

第1シードはジョコビッチ

そのあと
2、マレー
3,フェデラー
4,ワウリンカ
5、ナダル
6、ベルディヒ
7、錦織圭
8、フェレール

と続きます

この8人のうち、やっぱりジョコビッチが一人ダントツで抜きん出ているように思います
ジョコビッチのここ最近の安定感は抜群ですから

次にマレー
去年後半から調子をすごくあげていて安定していますね

フェデラーもまだまだいけそうです

ワウリンカは上位3人からちょっと離されている気もしなく無いですが
当たるとメチャ強いです
早い回でのシードダウンがなければ期待できる

このワウリンカの位置に錦織圭が入っていてほしかったのですが
去年はやはり、相当対戦相手に研究されていたのと
錦織圭だから負けてもともとと
かなり強気で攻められてきていて
錦織圭には逆に負けられない
という大きなプレッシャーがあったように思います

トップ選手というのは、そういう挑戦を常に受け続け
メンタルもいつもクールに攻撃的に持ち続け
怪我もせず、戦い続けて今の位置にいるのですから
めちゃくちゃ凄いですね

ことしの全豪オープン
少しでも長く
錦織圭を見ていられるように、応援したいと思います