月別アーカイブ: 2016年1月

プラスチックの雪かきは2年に一回は買い替えて、スノーダンプ、プラスチックの雪かきスコップ、鉄スコップはほしい

八ヶ岳の麓北杜市に住んでいるのですが、雪はそれほど多くないのです。
しかし、降らないわけではないので、雪かきは常備しとかないといけません。
一昨年は大雪で、スーパーにもホームセンターにも雪かきの在庫がなくなりました、そう、降ってからでは遅いので、11月から12月の最初には雪かきは揃えておきたいですね。
続きを読む

ミロシュ・ラオニッチはマウスピースをしているらしい、マレーに1セットアップ

ミロシュ・ラオニッチVSアンディー・マレーの全豪オープン2016準決勝を見ている
勝ったほうが決勝でまつジョコビッチとの対戦だ。

WOWOWの試合前の解説で、ラオニッチはマウスピースを使うようになっているという。
あれだけのサーブを打つからもしかしたら、奥歯に負担がかかっているのかなあ?

マウスピースをしたら、ラオニッチみたなサーブとフォアハンドを打てるなら僕も作ろうかなあとか思えるほどのテニスするねえ。
ただ、マレー戦に関しては、ラオニッチはマウスピースしていないみたいに見えるけど、

マレーはファーストセット失敗したと思う

マレーはファーストセット、ラオニッチに対して、ネットに出させないように自分のサーブのファーストゲームで、少し遅目の守備的な深い玉を打ち続け、ラオニッチはそれを叩きラブゲームでブレークされた。

そのあとは、マレーの普段のショットでラオニッチを振り回して、ゲームを取ったように思う。
いくらマレーといえども、ラオニッチ相手にブレークされてしまうと、ラオニッチのサーブをブレークするのはかなり厳しい。

マレーのほうが精神的に厳しいこの対戦

ファーストセットのファーストゲームをマレーがブレークされたのが典型的なんだけど、
ランキングとしてはマレーのほうが上、追われる立場で、ラオニッチは挑戦者だから思いっきり行ける

そして、マレーはこの試合に負けると、フェデラーにランキングを追い越されて3位に落ちる
マレーとしてはファーストセットを落とした今、かなり精神的に追い込まれて、100%で勝負してきている。

ラオニッチのチャレンジが遅かったのではとチェンジコートで延々とクレームつけているのを見てもそう感じる。
マレーは比較的守備的な選手の割には、メンタルが安定していない選手で、キレやすいといえばキレやすい選手の一人でもある。

それを少しずつ修正して、今のランキング2位に上がってきている。
もちろん類まれなるフットワークというのは世界屈指のコートカバーリング力だ

ラオニッチのサーブを破るために

マレーはラオニッチのサーブを破るか、タイブレークで競り勝つしかこの先勝つ方法はありません。

セカンドセット 序盤の今見る限り、ラオニッチのメンタルが超安定していて、ラオニッチのサービスが入るとマレーは返せない状態。セカンドセットどちらが先にブレークするのか?
独り言を言ったり、メンタルを乱しているのは今はマレー

ストローク戦有利なのはまだまだマレーだけど
1ブレークで流れが変わってしまうので、この試合は面白い試合になりそうだ

社員の採用不採用の判断にfacebookが読まれているという、facebookの書き込みで就職できないってことも

新卒の採用や中途の採用の判断に、facebookが読まれているという

なるほど!
facebookは本名で運営することが基本だから、本人を特定しやすいし、顔写真も乗っているから、履歴書の写真と突き合わせば一発ですね。

採用する側の会社として現在多いと思われるのが、facebookを見て採用じゃなくて不採用。
履歴書とか面接とかは、履歴書の書き方とか、面接のセミナーとか本とか、また服装などは買ってくればいいし、茶髪だって染めればいい。採用する側の人事の人が知りたい部分は、普段どんな人なんだ?ってことと、どんな発言をする人なんだってことをfacebookで知りたいそうです。

反社会的な書き込みは就職希望ならやめたほうがいい

政治や事件に対する意見などは書いても問題ないと思うのですが、半社会的な書き込みはやめといたほうがいいみたいですね。
政治家の不祥事に対して、残念だくらいなら問題ないと思いますが、ひどく卑下して酷評するようなことは、友達には受けるかもしれませんが、普通の人には受けません。

また、不満だらけのフィードになっている場合も注意が必要です。

楽しいことだけを書いておくのが無難といえば無難
ディズニーランドとデズニーシーに行ってきたよ、楽しかった!
とか
雪で大変
とかは問題ないのですが

個人や特定の団体を批判が多いと、きっとこの人は履歴書や面接の感じはとってもいいんだけど、本当はとても批判的な人で、会社に入ったら周りの社員にいやな発言をおおくして、業務の妨害になるような言動をするんではないだろうか?
と思われてしまうのです

また、特定の思想があると、厄介だと思われるかもしれませんね。

企業採用担当がfacebookで知りたいもの

企業採用担当がfacebookで知りたい就職希望の学生や社会人の情報は、素のつくらないその人を知りたいのです。
日常を書いているfacebookにはその人が素の状態がでていると思って調べるわけです。

面接の時には作った自分を演出できても、入社してすばらくたつと人の素性はでてきてしまします。
採用担当は、そういう隠された負の部分を見つけるためにfacebookを見ているようです。

好印象のfacebookを書いていればぜんぜん問題無いです
もしかしたら、普段の彼は、彼女はこんなにいい男性、女性なんだって採用担当者に好印象を持ってもらえるかもしれません
+1点とか

採用担当者の年齢で取り方はかなり変わる

facebookは比較的新しいSNSの一つだと思います。
若い年代の採用担当者なら、ちょっとふざけたり、少し批判的な書き込みも多めにとって、元気があっていいな!ととってくれるかもしれない書き込みも、退職間近の採用担当者の場合、不快感を抱いてしまう、そんなこともあるかもしれません。

友達や彼氏彼女に受けたいという思いで、派手なことを書きたい気持ちもわかりますが、違う年代の人が不快感を抱くような書き込みはやめておいたほうが無難でしょう
とくに実名で行うfacebookの場合は

マイナス金利導入は参議院議員通常選挙までの株価対策に見える、物価を上げたいかなあ?

今日のお昼に、マイナス金利導入が決定されて
後場の株価は乱高下、大変なことになってました

マイナス金利とは

マイナス金利というと、銀行にお金を預けると金利をとられるという意味合いに考えがちですが
少し違って、銀行が日本銀行の当座預金にあずけると手数料をとられるということなのです。

ですので、即座に普通の私達が預けている銀行の普通預金から金利を勝手に取られるとはならないと思います。
また、デンマークではマイナス金利を実施して、住宅ローンを借りている人は、金利を支払うのではなく、金利をもらえるという状況があったそうです。

普通預金の金利は、0になるかもしれませんね?
実施は2月16日からと決定されたのですが、それがいつまで続くのかはわかりません。

マイナス金利が導入されると、銀行は日本銀行にあずけておくと、お金がどんどん目減りするわけですから、そのお金を融資に回せということを期待してですが、どうでしょう?
銀行が株を買うとか投資に回すってこともありますね。

基本的には融資に回して、一般企業の設備投資を増やして、お金を社会にたくさん回して物を買ってもらって、供給よりも需要を多くして、景気を良くして物価を上げる。

また、銀行の金利も下がることは確かですから、銀行に預けておくよりも積極的に投資をしようとして、株式を買ったりする人が増えると、株も人気になって、株価が上がるというものです。

7月にある参議院議員選挙対策か?

選挙のある年は、選挙まで株価が上がるといわれていますし、実際にそういうことが多くあります。
去年9月に株価が下落して、少し戻したところで今年の1月から株が下落しました。

日銀や年金が市場に介入したと言われますが、その効果は一時的だったと思います。
年金が投資で消えたともいわれている今、今以上の株式市場への介入は難しいと判断したのでしょうか?

そして参議院議員選挙までは株価を上げて景気をよくしておかないと、今の与党の自民党への投票が減ってしまいますから、日本ではいままで例がないマイナス金利を取り入れたのではないかと考えることもできます。

来年4月の消費税10%にするためにも必要なのかも

来年の4月に消費税を10%に値上げすることになっていますが、株価が不安定なので反対意見もでていると報道されています。
そこで、マイナス金利を導入することで半強制的に株価を上げておいて、ほら景気はいいでしょと言って消費税を上げるという見方もできます。
法人税は下がってきていて、今税収の一番は消費税、この消費税が8%から10%に上がったら簡単に国の税収は多くなります。食品などへの軽減税率の話し合いをされていますから、導入するためにマイナス金利という見方もできます。

マイナス金利で本当に一般市民の景気がよくなるか?

マイナス金利の導入で本当に一般市民の景気がよくなったことを実感できれば、もちろん自民党に投票する人が増えるでしょう。
問題は企業の利益が上がったから景気がいいとか、株価が上がったから景気がいいというのは、一部の人の話で、一般市民にとっては物価が上がったりすると、いままで100円の大根が150円になるわけで、生活が苦しくなると思うのです。

企業にお金が融資されてきたからといって、それを企業が設備投資に使うとは限らず、投資にお金を回す可能性もおおいのです。
実際上場企業といえども、投資や為替からの利益のほうが本業で稼ぐ利益よりもおおい会社がおおく、企業にお金がまわったから給料が上がるとは限らないのです。

なにか否定的なことばかり書いてしまいましたが
マイナス金利実施で、日本の景気がよくなり、みんなお金を心配をしなくても生きていけて、より幸せになるならもちろんすばらしいことです。

さあどうなるのか?慎重に見ていきましょう。

全豪オープン 2016 フェデラー VS ジョコビッチが神すぎる、錦織圭とメンタルが違いすぎる

フェデラーVSジョコビッチ
6-1 6-2ジョコビッチ 2-0
そこまでは、錦織圭のほうがジョコビッチに対していい試合したじゃんとか思ってた

34才のフェデラー ジョコビッチのサーブを初めてブレークして、キープ
今5-2

最初の2セットはジョコビッチが完璧すぎた
フェデラーもジョコビッチには勝てないんだ
かなわない

そんな思いに駆られたけれど
第三セットになって、フェデラーの攻めが
無理をしても攻める
攻める

そしてバックのスライスを有効につかい
つなぎのボールはジョコビッチのフォアハンドに集めているように思う

ジョコビッチのフォアハンドはすばらしいのだが
腰が開きすぎて、エラーすることがたまーーーにある

フェデラーの戦いにはストーリーがある

ジョコビッチVS錦織圭の戦いも、タイミングの早いストロークの戦いで
すでに他の選手達とは一線を画するようにレベルの高い戦いだった

フェデラーVSジョコビッチも錦織圭と同じように
ストロークなんだかハーフボレーだかわからないくらいタイミングの早いストロークの応酬

錦織圭との違いをあえていえば
フェデラーの戦いにはストーリーがある
テニス的な話じゃなくなっちゃうけど、その戦いの中にストーリーがある
技術だけじゃない、メンタルだけじゃないなにかのストーリーが感じられるんだ

言葉でいうのは難しいけど
伝説の戦士どうしが、戦っている歴史的一戦のような気がする

錦織圭はまだ伝説じゃない
日本のなかではすでに伝説かもしれないけど
これから、伝説のプレーヤーになれるかどうか?

どんなストーリーを描いていけるのか?
逆境の中で諦めずに攻め続けられるのか?

そして
そんな厳しい戦いをし続けられるだけの
体とメンタルがあるのか?

技術だけじゃない、思いをこの戦いに見ている

最後
フェデラーが狙うように最後ジョコビッチのフォアハンドのアウトで
フェデラーが取って2-1ジョコビッチ

このあとが楽しみだ